HOME > 会社紹介
 
 2006.12  ISO9001取得(認証機関:DAS,認証番号:DKQ-8040)
 2006.02  日本TORISHIMA社 FORCED OIL LUBRICATION UNITS 受注
 2005.04  韓国製紙 #4 初紙機強制循環給油装置納品(18,000literタンク)
 2005.01  釜山新港湾RMGC 49期潤滑給油システム契約 : 斗山重工業
 2004.11  シンガポールPSA RTGC 42期潤滑給油システム契約:斗山重工業
 2004.10  火力発展所, 原子力発展所 発電機 タービン用循環給油装置長期一括契約
 2004.10  船舶発展機タービン用循環給油装置契約 - 斗山重工業
 2004.07  火力発展所発展機タービン用循環給油装置納品 - 唐津火力 #5/6 BFPT
                   最初国産化 Turn-key base 製作 - 斗山重工業
 2004.01  京畿道安山市半月工團で拡張移轉
 2002.05  Siemens Engineering社(パキスタン)に運河水門用グリース潤滑システム輸出
 2002.05  新日本製鉄ヤワタ製鉄所転機にガイドレール用分配弁および配管日本式組み
                   立て納品
 2001.01  車用グリースポンプ及びシステ厶開発 (Brand : CompacLub)
 2002.11  実用新案登録 (第212003号/グリースポンプ等)外 1件
 1999.12  商標登録 (第460070号/油槽船潤滑給油ポンプ等)外 3件
 1999.01  ドイツBaier + Koeppel社にグリースポンプ輸出
 1998.09  代表取締役金ヨナ就任
 1998.08  グリースポンプ特許取得 (第 158082号 / グリース供給装置外3件)
 1998.08  日本Sumitomo Heavy Industry社から Sumitomo Metal社 連鑄設備用
                  集中潤滑システム受注
 1998.04  輸出企業化事業重点支援対象業者選定(ソウル特別市)
 1997.10  イギりすEngineering and General Equipment Ltd社に分配弁最初直輸出
 1996.06  グリースドラム直結型グリースポンプ開発(モデル名HEPB200)
 1993.08  有望先進技術企業指定(通商産業部,指定番号90382)
 1992.01  韓一機械で商戶変更
 1988.05  ソウル市,九老区,九老3洞197-13移轉(施設拡張)
 1987.07  日本KOWA Corp.,と強制循環給油装置技術提携
 1979.09  塗油機特許取得(実用新案登録第17047号)
 1977.07  韓一機械工業社で商戶変更
 1974.09  集中潤滑機器(グリースポンプ,分配弁)国内最初生産,輸入代替
 1974.06  塗油機国内最初生産,輸入代替
 1974.05  三興機械工業社設立,ソウル両南洞